妊娠9ヶ月の諸症状

0

    もう嫌っす

     

    無事に埋めるのかしら、

    五体満足に出て来てくれるのかしら、

    またあの陣痛の波の時間を乗り切れるのであろうか、

     

     

    などなどの不安が一切気にならなくなります。

     

    もう、早く出て欲しい、ただそれだけを願いつつ

    予定日の計算に狂いがなかったか、そんなことを探しつつ

    その願い祈祷懇願の一切を受け付けてはもらえぬということだけは

    経験上はっきりと、理解しております。

     

     

    体がもう、限界を迎えております。

     

     

    うまいもんで、母体がもう無理!ってところまで赤ちゃんは成長して、大きくなってから生まれて来ます。

     

     

    わっちは堪え性がないもんで、だいたい9ヶ月中頃から、臨月お産まで、苦悶の日々を過ごします。

    懇願は怒りに転じ、イライラとする日が多くなります。

    先にも書いた通り、不安が吹き飛び、

    いざ陣痛が始まるともう嬉しくてよっしゃ、放り出したる!という気持ちになるのが常でありました。

     

    今回はこのイライラ期をどうやって乗り切るかが課題であります。

     

     

     

    体のどこが限界か、具体的にはと言いますと

    大きくなった子宮はあばらまで達し、座っているときもつっかえている気がして痛みもあります。

    どのような姿勢で座っていても、すぐに足がしびれます。

    まだ立っている方が楽ですが、立っていると4番君が抱っこしろと足元によって来ます。

     

    寝ている時も上はむけませんね。もちろんうつぶせも無理。横を向いていても腰にきます。

    寝返りを打つ時は気合を入れてイケ目でないとできません。

    五右衛門風呂に入っても、気持ちいいけどすぐのぼせるし、とにかくまたぐのしんどいし、足はつっかえるし

    そうそう、斜面を降りるときなどもうおりにくいし下は見えないし

    靴下履くのもズボン履くのも気合がいるし

    トイレの時お尻拭くのも腹つっかえて痛いしちゃんと拭けねえし

    おりものは臭いし

    中から変なところ蹴っ飛ばされるし

     

     

    はっ

     

     

     

    結構、キテますね

     

    この状態でひと月半これから自分との調整であります。

     

     

     

     

    ただ、動くのは動きます。走ってもとんでも別にあっ!とかうっ!とかなったことはありません。

    今日は子供達とソリに乗って派手に転んだし、

    先日は敷地の竹林整理で竹を切りまくって積みまくりました。

    いっそ疲れるけど、動いていた方が気が紛れてとてもいいです。

    座ってゴマの選別をしましたが、こっちの方が痛いし大変でした。

     

    体重はただいま9kgから10kg増えていると思われます。もともと計らないからよくわからないんだけど、

    60kgはあります、大変です!

    私の場合は妊娠してなくても冬は太る夏は萎むから特に産後の心配はしてないけど、

    今、しんどいっす

     

    あんなに大好きな食事も人並みにしか食べられなくなって、すぐ腹一杯になり、一日1食でだいたい足りてしまいます。

    食い意地だけで2回食べています。食べなけりゃいいのに。

    つわりは今回ひつこくて、まだツワってます。

    本当にこれがお産後止むのであれば、これまた陣痛を待つ気持ちに拍車がかかりますねえ。

     

     

    続けていた歯の治療も今月まで。

    一人での外出や遠出も二月はしないようにします。

     

    ただ、

    待ちます。

     

    その時を。

     

     



    子供のおやつ

    0

      先日の出来事でした。

       

      裏に大量に置いてあったクヌギの木を、スーが短く叩き割って、やっとマキにして積み上げました。

      夏の間時間がなくてほったらかしにしてあった木は、ええ感じに乾いて、燃えやすいです。

      普通、乾くと切るのが大変だからというけれど切り株にパカンパカンと叩きつけてさっさと割ってくれました。

       

      それを積み上げるのは女子供のお仕事。

       

      何ですけどね。

       

      割った切れ目にお住まいであった、多分カミキリムシの幼虫をですね、彼らは喜んで、競って、集めてですよ。

      ストーブに乗っけて炙って、食ってました。

      大量に。

      マキ運びはそっちのけ、白いワーム君に夢中です。

      頼もしくもあるんだけど、何だかなあーw

       

      あんまりに美味しい美味しいと言っているので、私もお一ついただきました。

      ぶりゅっとしたのはまだ抵抗があるんだけど、幸い中までカリッと焼けて、エビー?んー?

      とにかくアウトではありませんでした。

       

      ちなみに彼らはスズメバチも好物です。

      夏の狩猟で解体しているお肉を求めて、蜂がたくさん飛んで来ます。さすが肉食なんでしょうね。

      皮や頭部にたかっているスズメを、シュロで編んだハエたたきで叩いて、後はストーブで炙って食べる。

      報道では、スズメバチっておっそろしくて何だか兵器みたいな扱いされていますが、

      多分、単独ではそんな怖くないんだと思います。

      一撃でやっつけ損ねても、仕返しはされたことがありません。未だに。

      巣に戻って、告げ口されて、お仲間連れて仕返しに、ということもまだありません。

      刺されたのは服に止まっていて知らずに足を突っ込んだ時でした。

      そんなもんなのかもねー

       

       

      さて

      おやつの話に戻ります。

       

      今だったら、干し柿に干し芋、はっさくやミカンですね。

      袋をバリッと開けて、どうぞっていう魅力的で私も大好きだったスナック菓子はないけれど、

      ワーム君をとても喜んで食べている子供たちに感心したというかたくましく育っているな、というか

      こんな暮らしを生きてくれてありがたかったです。

       

      強くなっておくれ。

       

       



      妊娠8ヶ月の諸症状

      0

        検診に一切行ってないから、まだどっち向いているのかよくわかりませんが中の方は本当によくピンコピンコと動かれております。

        もう力強くなってきているし、内臓の内容量も限界に近づいているので、迫力のある動き方を感じます。

        これが9ヶ月にもなると、頭とお尻らしきものが外から触ってもわかるようになります。

        頭と、心臓の鼓動を感じるところと、より力強く動くところ(足と判断します)で

        外からの触診で大体の向きがわかります。

        逆子さんでなければいいなあ。

        よく話しかけて、頭を下に出てくるようとにかく説得します。

        それでもダメなら、なんかその子の理由があってそっちの方が居心地いいからそうなっているのであって、

        もう諦めます。

        あとは神頼みと、真摯な体づくりで乗り切るしかありません。

         

        もしもの時に備えて血をたくさん作るいい食べ物をたくさんとって、

        とにかく体力をつけるため野良仕事に打ち込みます。

        膣を締めるよう意識しながらスクワットの運動をします。

        ものを拾う動作の時、子供を抱き上げる時、かがむ時、腰を曲げずにしゃがんで立ち上がりましょう。

        トイレはとにかく和式がいいと思います。

         

         

        もうあとわずかになっているので、体力づくりに打ち込みます。

         

        後は足の付け根から下腹にかけて風呂上がりにクリームを塗って、マッサージし、妊娠線を防ぎます。

        一応腹を出す商売なので、気を使います。

         

        寒くなってきましたができるだけ厚着はせず、風呂上がりの水浴びを徹底。15から30秒でもできれば1分、頭からかぶりましょう。

        未だに靴下は外出の時くらいしか滅多に履きません。

        ギョエー、絶対嫌だ!

        と私もこれまで思っていましたが慣れれば大丈夫。
        慣れなければ無理せず、できる範囲で頑張りましょう。きっと、いいことがあるから!
        つわり症状は未だ治らないです。辛いです。
        産んじゃえばぱったり治るのかな。
        食事は、やっと人並みの量しかたべれなくなりました。
        今までが3人前だったので、ちょうどいいです。
        体重増加も落ち着くんじゃないかな。
        特に、あれ、これ、と気を使うこともしないけれど、まあ、ねえ、
        早く、産んじゃいたいってのが本音であります。
        年末は岩手を経て新潟へ里帰り。長距離で疲れちゃいそうで嫌だけど、乗ってるだけだから我慢であります。


        長男くんの入院

        0

          助産院で生まれてこのかた、一度も病院に行ったことがない長男くん。

          先日、ついに病院へ行き、しかも全身麻酔でオペを受けるという。

           

           

           

          このナイフを、彼の鉛筆削り用に与えておりました。

          色々ご意見ございましょうが、我が家では鉛筆削り機とか使わせません。

          かくかくしかじかで、右人差し指を挟み込んで思っ切り切ったみたいです。

          プラーンってなった指を見て、本人は指が折れたと思ったみたいで、最初の叫び声は

          「すーさあん!!指が折れたあああ!」

          です。

           

          当時目視でも骨が見えるほどで、傷もとても深かったため、傷は癒えたとしても感染症のリスクがあります。

          皮下組織に細菌が入ってしまって、それが元で命の危険があるのです。

          たな添えという、手を当てて、元気な頃の状態を思い描き、身体中の細胞や自分の命そのものに治癒をお願いする、っていう原住民の治療で、今まではどんな怪我も対応していましたが

          今度はその感染症の心配があったため

          速やかに受診することにしました。

           

          近所の整形外科から県立病院へと

          機能障害が起こりやすいパーツだということで初めてレントゲンも撮りました。

          子供特有のやわらかい骨と、靭帯、神経が切れてしまっていたので、

          急遽オペに。

          局所麻酔と、全身麻酔とで悩みましたが

          局所麻酔のリスクは、量の制限があり追加ができないため、

          神経や靭帯をつなぐ細かい処置を大急ぎでやらないといけないということ

          切れている部位も時間をかけて丁寧な処置が必要ということだったので、

          ここは全身麻酔を選択しました。

          抗生物質の点滴と、3日間の投薬もお願いしました。

           

           

          普段医療に頼らない暮らしはしているけど、

          必要に迫られた時、知識がないと正しい選択ができない。

          私は全くわからないので全ての選択はスーがしてくれました。

          言いなりじゃなく、自分たちの納得のいく、その命にとって正しい選択をしてあげることが

          親の義務なんじゃないかな

          そんなことをスーと話していました。

           

          どんな状況でも、怪我や事故はいつ起こるかわからないよね。

           

           

          手術は無事にうまく行き、

          トラディショナル治療のたな添えのおかげで、手術までの時間と術後の、きっと超痛いであろう時間も、大して痛がらず。

          落ち着いていました。

           

           

          普段あんまり構ってあげられない長男くん。

          ひととき、家族全員から注目とケアを浴び、病院の個室でとても満足そうでありましたのが印象的でした。

           

           

          ちなみに術後初めての経過を見に行った時

          包帯を外すのにもう泣くわ騒ぐわえらいことになりましたとさ

           

           

           



          妊娠7ヶ月の諸症状

          0

            とにかくお腹が大きいです。

            寝返りするのにも気合が必要になってきました。
            夜中のトイレは4回起きます。就寝時間が7時で睡眠時間が12時間だからということもありましょうが
            結構辛いです〜
            胃袋も狭いので、少しずつしか入りません。
            ただし頻繁に食べます。
            めっちゃ太りましたw
            普段から、夏と冬では6kgほど変わるのですが(野生のイノシシだと思ってください)
            妊娠半端ねえ。
            妊婦じゃなかったら誰も許してくれないレベルですね。ダンサーなのに。
            これもあって、出演はもうしたくないのが本音です。
            だって!抑えられないんだもん!!!!
            色々が!
            感情、尿意、食欲、睡眠欲、
            マクロビを実践している方はこれらをコントロールするためにも食事療法は重要だと言っておられます。
            効果のほどは知りませんが、
            こちとら肉食中心の百姓、食材も限られているし子供に作っといて自分食べませんっての、できないの!
            だって、家の飯、超うまいんだもの〜
            はてさて
            赤ちゃんは泳ぐ様にお腹のあちらこちらへ移動し、ぼっこしぼっこし、と母を蹴りまくって元気です。
            いろんな百姓仕事に支障が来始めるのもこのころからで、とにかく前屈みが辛いので畑仕事や手仕事が億劫になります。
            肺が圧迫されているのか、一人高山病の様ですぐに息が上がり、最近は頭痛が頻繁です。
            もともと頭痛なんてなかったのに、
            原因は自分でもよくわかっております。
            構って欲しいのです。
            重たい腹、小さい子供達、俺も可愛がって欲しい兄たち。
            畑に家の整備。
            自分にかける時間はありません。
            食べることぐらいがお慰みです。
            主人も忙しいし、ストイックな方なので、女のじめっとしたパーツには理解ができない様で、
            嘆いても叱られるか激励されるだけで
            欲しいリアクションは望めません。
            何度か、頭痛や腰痛でヒーってなった時、スーに触ってもらったらすぐに治りました。
            ので、
            原因はやっぱり可愛がって欲しいのでしょうね。
            もう一人自分がいたら、家事も用事も済ませて子供達を可愛がって、自分もなんてことも可能かもしれないけど、
            ムーリー!
            もう、このあたりから私は生むことばっかり考えています。
            出産の投稿ビデオを見たり、その瞬間をイメージしたり、、、、、
            産めばきっとみんながチヤホヤしてくれる!
            この一心です
            はあ。
            すみません
            子供は可愛いし、愛してはいるんですけどね、なんせね。末っ子なもんで。


            本日予定しておりましたほなけんど切幡は中止になりました

            0

              台風じゃどうしようも無いですね

               

               

              とにかく現場入りして、なんとかチャンスを狙おうとしておりましたが

              主催者様が出演の中止を決断されました。

              私たちの安全を考えてのことだと思います。お気遣いありがとうございます。

               

              とっても残念ですが、「来年に期待しています」とおっしゃってくださった松永さんのためにも

              更にいい作品を持っていけるように頑張ります!!



              21日のほなけんど切幡出演について

              0

                ファイヤーのお仕事について、レポートもなかなかかけないままですー。

                すみませんね。

                 

                10月21日土曜に予定されている、阿波市ほなけんど切幡の出演ですが、

                台風が近づいているようで、現時点で

                「雨天中止」が決まりました。

                 

                昨年までは、雨天の場合屋根のある阿波市役所玄関ホールへ場所を移動して決行するということでしたが

                 

                台風ではどうにもならないそうです。

                 

                 

                 

                 

                すーソラは_ガラケーしか持ってないため、時間によっては中止の決定をFacebookやこのブログで発表することができないかもしれません。みなさん、申し訳有りませんが天気が悪かったら、来ても誰もいないかも、って思っててくださいね。

                 



                妊娠6ヶ月の諸症状

                0

                  お腹はだんだん大きくなり(そもそも伸びが良いのか初期からかなりなサイズです)、中で動くのを感じるのも頻繁になってきました。眠りが浅いときは目がさめるほどです。ブログを書いている後ろでは、子供達が裸で相撲をとっています。さっき唐辛子を切った手で鼻をかいてしまい、涙がとまならい雨の日曜日。

                   

                   

                  妊娠、出産において私の体の一番の激動を書くのを忘れていました。

                  一番は、歯がもう、ダメになりました。

                  特に甘いものを食べまくっている生活ではないと思っています。産後は急に砂糖狂になり、母にこっそりチョコレートとか買ってきてもらったのを少し食べましたが、もちろん普通の生活している人より白砂糖の摂取量はものすごく低いと思います。

                  以前虫歯を詰めたところ、などことごとく外れ、かけ、ついには自分の歯までかけました。

                  忘れもしません。

                  長女と三男を産んだ後、何度も授乳で目が覚め、その都度しばらく目が冴えて眠れないサイクルの時、干し芋をよくしゃぶっておっぱいに吸い付く子供たちを眺めていました。その干し芋をです。ちょっとがじっとやった瞬間。歯が欠けるのであります。

                  最初は、芋の硬いところか砂利が当たったのかと思っていました。出してみると、銀歯でもなく、白い、自分の歯でありました。

                  これが、二人続いて起こったのであります。

                  その時のショックといえば。

                  あちゃー、です。

                   

                  子供はまだ小さいし、他の人の手助けがないとまだ歯医者に行けないので

                  主人と他に母にも経緯を説明し、歯医者の予約をしなくてはいけません。。

                  あの時の情けない気持ち。

                   

                   

                   

                   

                  思い出したくもなあーい

                   

                   

                   

                  ともあれ今回は歯を死守するため、これから歯医者に通うことに決めました。

                  レントゲンや薬、余計な検査をしないよう相談できる、元バックパッカーの話のわかる歯医者さんに。

                  車で90分もかかるけど、これまで適当にごまかしてきたところが幾度となく崩壊したので、もうきっちり治すことに決めました!

                  さて
                  6ヶ月のお腹って、屈むのが一苦労になってきました。
                  草むしりとか、子供の歯磨きが結構息苦しいです。
                  まだ仰向けで寝られるけど、寝返りはどっこいしょです。
                  後、予期せぬくしゃみや爆笑で、ちびるようになりました、残念です。


                  妊娠5ヶ月の諸症状

                  0

                    朝夕冷えてきましたね。

                    草の生育も緩やかになり、草むしりから解放されつつある日々を喜んでいます。
                    代わりに、吹雪のように落ちてくる桜と柿の葉にイライラさせられている翻弄妊婦であります。
                    腹も大きくなってきました。
                    多分、一般の妊婦さんよりお腹は大きいと思われます。
                    なんつっても5人目ですから、皮膚も伸びやすくなってるのでしょう。
                    食べ過ぎっていうご意見は聞かないようにしておきましょう。
                    憂鬱だったつわりもほとんどなくなりました。嬉しい限りです。
                    つわりって、本当に気が滅入りますね。一日中気持ち悪いし、家人はそれをあまり理解してくれないことが多いですからねえ。
                    最近は天気があまり優れない日が多くて、気持ちが落ち込み気味であります。
                    なんででしょうね。
                    もともと天気に左右されやすい性格でしたが、妊娠してさらに「新月は眠い」とか「台風の時は堕落する」とか
                    環境に振り回されるようになりました。
                    あと、一度イライラ、グジグジしだすとひつこいです。
                    子供も多いので、ひこずっている暇など普段はないのですが、10分ほどは憤慨状態が続きます。
                    家族は迷惑でしょうねえ。ごめん。
                    つっても、甘やかしてもらえたりご褒美があるとけろっと治りますが。
                    要するに、とにかくわがままになりました。
                    腹の中では未確認移住者が着々と陣地を拡大しているし、
                    腹の外でも4人がキーキーワーワー走り回るし
                    優しい夫はこき使ってくれるし、彼も日常で忙しいし
                    要するに、構って欲しいのですね。イイコイイコされたいのですね。
                    お姫様扱いを求めている模様です。
                    なんつって、そんなわけにもいかないので、普段は食べることがストレス解消になっております。
                    夏と比べて運動量が格段に少なくなるので、冬は肥えますが妊婦なので気をつけねばなりません。
                    気をつけられるかあ??
                    ミシンをかけたり、草むしりをしたり
                    誰にも話しかけられずて仕事している時が無になれます。
                    おっぱいさんも真っ黒になりました。
                    中の人はたまににょゴニョゴ動きます。
                    寝返りがしにくくなって、夜眠るのにも疲れるようになってきました。はあ。。。
                    この頃から、もういっそ早く産んでしまいたい、そう思うようになるのです。
                    そしてそれはあと5ヶ月続くのであります。
                    仕事としては、いつもと全く変わらずやっています。
                    あんまり重いものは持たないけど20ℓのポリタンクも持ちますしヤギと一緒に走るし、
                    鹿の解体も腸内洗浄もやりますよ。
                    動いたぶんだけ、安産になると思っているので。
                    ただ、意欲はありまへん!


                    w

                    0

                      先日、出雲子宝の集いにて素晴らしい体験をみんなとシェアしてきました。

                       

                      あたしゃ、自然なお産に固執して、医師を産院を毛嫌いしてきましたが、

                      スーパー助産婦松浦照子さんのガイドで、どんどん本能をかっ開いて自らの体験を語る女性たちに感動し、学びました。

                      どんな状況であれ、望まない進行だったとしても受け入れ、納得してお産すればそれが自分にとって最高の自然なお産なのだと!

                      私は改めて、帝王切開で我が子を産み、愛し、育てている友人たちを尊敬しました!

                       

                      更に更に自分では体験したことのない流産というプロセスを、共に体験する機会に恵まれました。

                      あえて言います!恵まれた〜〜〜!!

                      ルックスも考え方もまるでヤノマミのような尊敬する女性が、

                      上映会前日から流産が始まったと言っていました。

                      妊娠したと思っていたんだけども、最近になってもう行った、と感じたって。

                       

                      彼女はすでに自宅出産で迎えた5人の子宝さんを持つお母さん。私と同じように薪で生活するファイターですw

                      彼女たちの子育て論というものは、言葉にするとすれば「自由」。

                      学校に行かない長女、学校好きで給食も食べる次女、奔放な二人の男の子、末っ子女子。

                      それぞれの生き方を尊び、受け入れ、のびのび育てています。

                       

                      決して悲しみにくれる様子もなく、日常の一コマとして命の行き来がある日々。

                      映画「玄牝」の上映中もずっと涙していた彼女。

                      私も、妊娠していない時に見るそれと妊娠して見るそれ、まったく違う感情で見入っていました。

                       

                      映画の翌日から少しずつ通常の陣痛に似た痛みがあったそうです。

                      さらに翌日から本格的な出血(流産)が始まりました。

                      「お産見る?」と言われ付き添うことになりました。

                       

                      子供も走る、完全な仕切りなどない部屋の隅で、調理用のボウルに(!)腰を屈め、ただ出血を受けていました。

                      陣痛の波に合わせ、同じようにお腹の中の部屋は外へと排出されていきました。

                      同じシステムで妊娠中の私。ああ、出て行く。。。それだけしか感じませんでした。

                      小さな胎児のようなものも排出があったそうですが、トイレに座っていた時に出て行ってしまったそうです。

                      時間もかかりました。

                       

                      しばらくして、もうだいたい終わった、と彼女は横になり、

                      旦那さんと、居合わせた友人たちでたなそえ(手のひらを当てる、手当)で彼女を癒しました。

                      翌日には笑顔になり、普段通りの家事をこなす彼女。。。

                       

                       

                       

                       

                      受け入れる。

                       

                      私たちは、それをいかに否定していたか。

                      悲しみに心を奪われ、それから目をそらしていたのかもしれません。

                      我が命に責任を持つ。しっかり生きる。

                       

                       

                       

                       

                      危ないんでは?!

                      そんなことも思いましたが、日々からだと命に向き合って、自分の命と生活を全うしていたら、

                      なんかおかしい、それもきっと気がつけると思います。

                      自分できっと如何にもならない、そう思えば医療のチカラを借りるのもいいと思います。

                      彼女は自分の判断で、自分で、できると思ったそうです。

                      何度か流産の経験もあり、手術を受けたこともあるそうです。

                      何が大切か、

                      自分の意思で、任せず、投げ出さず、他の誰を責めるでもなく、起こったことはしっかり受け入れることだと思いました。

                       

                       

                       

                       



                      PR
                      calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>
                      SUとSoLAのホームページ
                      詳しいスケジュールや写真、動画等はコチラへ☆ http://su-sola-firedance.jimdo.com/
                      ファイヤーショーご依頼お待ちしてます!!
                      プロのファイヤーパフォーマンスがイベントを盛り上げます!! 熟練した技と徹底した安全管理でショーを行います。是非お気軽にお問い合わせください。 050−3433-8375(IP)090−3526-2351(携帯)buafai@gmail.com
                      facebook
                      Ayumi Hirokawa

                      バナーを作成
                      農家民宿 ひとてまや
                      私たち家族が暮らす自慢のお家で民宿始めました!! HP☞http://hitotema-ya.jimdo.com/
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      recommend
                      ちいさい・おおきい・よわい・つよい no.70―予防接種み〜んなまとめてチェック!!
                      ちいさい・おおきい・よわい・つよい no.70―予防接種み〜んなまとめてチェック!! (JUGEMレビュー »)

                      何で予防接種?理由を小児科医やプロの方が分かりやすく説明してくれています。否定せず、選択肢を読む感じで。
                      recommend
                      recommend
                      「幸せなお産」が日本を変える (講談社プラスアルファ新書)
                      「幸せなお産」が日本を変える (講談社プラスアルファ新書) (JUGEMレビュー »)
                      吉村 正
                      子供を迎えようとする全ての人に読んでもらいたい!
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座